キウイの特徴・保存方法等

特徴

 

英語名:kiwi マタタビ科マタタビ属雌雄異株の落葉慢性植物

 

原産地は中国です。

日本で流通している輸入キウイフルーツは、ほとんどがニュージーランド産です。

収穫時期

国内では4月~12月、外国産は12月~4月頃に出回るので、年間を通してキウイフルーツを食せます。

歴史

 

キウイの原産は中国の揚子江沿岸地帯と言われています。

日本の東北以北で見かける同じマタタビ科でベビーキウイの様な実をつけるサルナシも中国から伝わったと言われています。

20世紀になって中国からニュージーランドの学者が持ち帰り、チャイニーズグズベリーの名で栽培が始まりましたが、ニュージーランドの気候風土に適して栽培が盛んになった為、ニュージーランドの国鳥キウイに似ていることからキウイフルーツと名付け、世界中に知られるようになりました。

選び方

 

形がキレイな楕円の卵型をしているものを選んで下さい。

表面に産毛があるものはキレイに生え揃っている方が良く、傷や黒ばみがあるものは避けて下さい。

持った時に多少柔らかくなっていれば熟しています。

保存方法

 

持って硬いキウイは常温で保存して追熟させ、食べ頃になるまで保存します。

長く保存する場合は、乾燥を防ぐためにビニール袋へ入れて冷蔵庫で保存します。

実が硬い場合は、1ヵ月くらい保存できます。

早く熟させるためにはリンゴやバナナと一緒に袋に入れて常温で保存すると、エチレンガスの影響で早く追熟出来ます。

栄養素

 

イチゴやレモンと同じくらいのビタミンCを含有し、ビタミンEも豊富なので、活性酸素の抑制効果のある果物と言えます。

ペクチンも豊富なので整腸作用があり、アクチニジンというタンパク質分解酵素も含んでいる為、消化促進作用があります。

【ビタミンC】

美肌効果、ストレスの緩和に効果があります。

【ビタミンE】

抗酸化作用があり、高血圧・動脈硬化に効果があります。

【アクチニジン】

タンパク質分解酵素の一つで、肉や魚料理に添えると消化を促進します。

製菓に使うゼリーにキウイを入れると固まらないのはこの酵素がある為です。

生薬

 

キウイは身体の熱を冷ます作用や急な「のぼせ」を治す作用があり、口の渇きや食欲不振・消化不良に効果があると言われています。

種類

 

果実が緑色の品種と黄色いゴールドと呼ばれる品種、そして小さなベビーキウイがありますが、緑色のものでよく見かける品種はほとんどがヘイワードという品種です。

 

【グリーンキウイ】大きさは100g前後で果皮が薄く茶色で産毛があります。果肉は熟すと緑色になり、甘みと酸味がバランスよくなり、小さな種がプチプチとした食感を残します。

 

【ゴールドキウイ】産毛が短く果肉が黄色く形はやや長めの卵型です。

 

【ベビーキウイ】長さが2~3cm前後の小さなキウイです。主に輸入ものが出回りますが、日本に自生しているサルナシも同じ種類です。果皮には産毛がなく緑色で薄く、そのまま食べられますが葡萄と同じように皮には酸味があります。

コメントを残す