グアバの特徴・保存方法等

英語名:guava フトモモ科バンジロウ属 常緑低木の熱帯果樹

 

特徴

 

原産地は熱帯アメリカで、日本でも沖縄や小笠原に自生しています。

香りがよく酸味と甘みがあり、生でそのまま食べられますが、小さい種が多いので、裏ごししてジュースやシャーベット製菓等に利用します。

種類が多く丸形や洋ナシ型等様々で、大きさも3cm~10㎝、果肉の色もピンク色が一般的ですが、白・黄色・赤等があり、味も甘いもの・苦味のあるもの等があります。

 

旬の時期

多く出回る時期は8月~10月頃です。

 

歴史

 

グアバは原産地の熱帯アメリカの先住民族に紀元前から食されています。

16~17世紀に東南アジアに伝わり、その後ハワイや地中海に伝わりました。

日本では対象初期から栽培していますが、生産量があまり多くなく、現在では沖縄等で栽培しています。

 

選び方

 

形に丸みがあり、果皮に弾力と香りがあって、黄緑色のものを選びます。

緑色が濃いものは未熟で、触った時にやわらかいものが熟しています。

果皮に傷があるものや持って軽いものは避けます。

 

保存方法

 

果皮が青く緑色が濃いものは常温で追熟させます。

香りが強くなり、触って柔らかくなれば食べ頃です。

熟したら紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存しますが、2~3日で食べきって下さい。

 

主な栄養成分

 

グアバはアセロラに次いでビタミンCの巌流量が660㎎でとても多い果実です。

レモンの2.2倍で一日に必要なビタミンCをグアバ0.2個で補えます。

ビタミンCの他にもビタミンE、ミネラル、カリウムを含んでいます。

また、食物繊維も豊富です。

【ビタミンC】

免疫力を高め、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用、抗ストレス作用の効果があります。

【ビタミンE】

活性酸素から体を守り、老化や生活習慣病を予防します。

【カリウム】

体内のナトリウムを排出し、水分バランスを保ち、高血圧を予防します。

【食物繊維】

整腸作用があります。

生薬

 

ビタミンCがとても豊富なので、疲労回復に効果があります。

また、グアバの葉はお茶として利用されますが、グアバの葉に多く含まれているポリフェノールは、ダイエットや糖尿病の予防に効果的です。

但し、食べすぎるとお腹を下すことあがるので注意が必要です。

 

コメントを残す