オリーブの保存方法、旬の時期、栄養素等

 

olive モクセイ科オリーブ属常緑高木


【特徴】

原産地は地中海沿岸で、果実はオリーブオイルやピクルスとして利用します。
渋みが強く生では食せないので、加工品として出回ります。
緑色の実が熟すにつれて黄色からオレンジ色になり、熟すと黒くなります。
熟した実から搾油した香りのよいオイルはエクストラバージンオリーブオイルと言われています。

【収穫時期】

9月~10月。

【歴史】

8000年以上前から採取しています。
紀元前3000年~2000年頃に栽培が始まり、旧約聖書にもよく登場する世界最古のハーブです。
ローマ時代にオリーブの栽培は大きく発展し、コロンブスと共にアメリカ大陸へ渡り、世界各地へ伝わりました。
日本へは安土桃山時代にポルトガルの宣教師によって持ち込まれました。
現在では国内の9割が香川県の小豆島で栽培しています。

 

【選び方】

オリーブの生の実は傷が付きやすく、痛みが早いので、国内産のオリーブでもほとんどがオリーブオイルや塩漬け等に加工して販売しています。
生のものは傷がなく香りが強いものを選んで下さい。

 

コメントを残す