さくらんぼ(cherry)の特徴・旬の時期・産地・品種、栄養素、保存方法、選び方、切り方

特徴                                

さくらんぼ

サクランボは、バラ科サクラ属の桜の木になる果実です。

植物学上では、桜桃(おうとう)と呼ばれます。

 

サクランボが実るのは、ソメイヨシノなどの観賞用の桜の木ではなく、

西洋実桜(セイヨウミザクラ)という種類の果樹です。

このミザクラは、もともとヨーロッパや西アジア、北西アフリカ地域で自生していたようです。

 

花の色は、ソメイヨシノのようなピンク色ではなく、白色であるのが特徴です。

6月から7月には赤い実となり、サクランボの食べ頃となります。

 

サクランボという呼び名は、“桜の実”を意味する“桜の坊”という言葉が転じたと言われています。

 

旬の時期                   

さくらんぼ

ハウス栽培の品種は、4月中旬には収穫されます。

最近では温室栽培が進化し、真冬の1月に出荷されるものも出てきました。

 

一般的には、毎年6月~7月頃、市場に出回ります。

山形県の佐藤錦という品種の収穫時期である、

6月中旬~7月上旬が一番の旬と言えるでしょう。

 

見た目もかわいいサクランボは、春~夏まで美味しく頂ける果物です。

 

おもな産地                  

 さくらんぼ

国内生産量1位は山形県で、全体の7割以上を占めます。

中でも東根市は、生産量日本一です。

2位以降は北海道や山梨、長野、青森など、毎年入れ替わりがあります。

それに続き、福島や秋田もサクランボ生産地として名を誇っています。

また、サクランボの産地は日本だけでなく、アメリカ合衆国でも美味しいサクランボが収穫されています。(カリフォルニア州(5月上旬)、ワシントン州やオレゴン州(6月中旬~7月))

日本にも輸入され、店頭に並んでいるのを目にしたことがあるでしょう。

 

ちなみに世界生産量トップはトルコで、日本は20位前後です。

 

品種と特徴                  

さくらんぼ

サクランボの品種がどれくらいあるのかご存知ですか?

世界中で生産される品種は1000以上、日本国内だけでも実に100以上もあります。

 

サクランボの収穫期間(ハウス栽培は除く)は1ヵ月~2ヶ月弱と大変短いのですが、一般的に、以下のような3つの時期(早い時期から遅い時期)に沢山の品種が楽しめます。

 

  • 早生種
  • 中生種
  • 晩生種

 

①~③の特徴として挙げられるのは、①から③にかけて、サクランボが大きいこと。

また、実の固さは③が一番硬く、日持ちも長くなりものが多いです。

(①~②、②~③の時期は、同じ品種であっても生産地によって多少入れ替わることもあります。)

 

以下に、主な品種とその特徴や違いをご紹介します。

 

① 早生種

高砂(たかさご)

 

山梨県が産地1位を誇る品種です。

アメリカが原産で、高砂は和名です。英語名は、ロックポート・ビガロー。

 

重さは5~7g。果皮は明るめの赤や黄色がかった色で、果実は乳白色。

果汁が多く、甘みとともに酸味も感じられますが、どちらかというと全体的にあっさりした感じで薄めの味です。

 

生食だけでなく、ジャムやコンポートにも適しています。

収穫時期は6月中旬頃。

 

紅さやか(べにさやか)

 

佐藤錦とセネカという品種を掛け合わせて作られました。

品種登録は1991年で、平成生まれのサクランボです。

重さは57g。着色に特徴があり、収穫初期にはすでに紅色が濃く、その後は段々と黒さが増して、一見、ダークチェリーを思わせる色づきです。

色の濃い方が糖度も高く、甘みも強くなりますが、生みの親?佐藤錦よりも、

酸味は強いです。

小粒タイプで、果肉の赤みが強いのも、他のサクランボと大きく違う点です。

生食、ジャム加工も人気です。

収穫時期は6月上旬~中旬。

 

・香夏錦(こうかにしき)

 

早生種の代表で、福島県や山形県での栽培が有名です。

福島県(現:伊達市)において、佐藤正光氏が1968年、佐藤錦と高砂を交配したことからこの品種が生まれました。

そして約15年もの歳月を経て、1984年に品種登録されました。

重さは約6g。果皮は黄色赤斑に着色します。

果肉は乳白色ですが、果肉内や核の周囲には着色がみられません。

核は円形に近い短楕円形で、やや大きいのも特徴です。

果肉はち密で柔らかく、果汁も多め。甘みが多く、酸味は少ないです。

 

開花期と成熟期は、佐藤錦よりも10日程、高砂よりも2週間程早いです。

この香夏錦は入梅前に収穫されるので、裂果が少ないと言われています。

 

収穫時期は5月~6月下旬。長野県のハウス栽培収穫は3月~

 

 中生種

佐藤錦(さとうにしき)

通称“赤いルビー“と言われています。

国内最高級の品質で、サクランボの王様といっても過言ではありません。

佐藤栄助が、黄玉(おうぎょく)とナポレオンを掛け合わせて開発した品種です。

山形県内はもとより、全国にサクランボという果物が広まるきっかけとなりました。

生産量、知名度共に全国1位です。

 

重さは7g前後。果肉は乳白色で、果皮は黄色地に鮮やかな紅色。

甘みと酸味のバランスも良く、果汁たっぷりの上品な食味です。

6月中旬~6月下旬に収穫。ハウス栽培は4月~収穫。

 

③ 晩生種

紅秀峰(べにしゅうほう)

 

佐藤錦と天香錦の交雑種で、平成3年に品種登録されました。

重さは9g前後とかなり大きめです。短心臓の形をしています。

酸味は少なめで、糖度が高く濃厚なため、とても甘いです。

サクランボの中では粒が大きめで食べ応え抜群です。

実はやや硬めで、他の品種に比べて日持ちします。

収穫時期は、6月下旬~7月中旬。

 

・北光(水門)ほっこう(すいもん)

 

北海道小樽市で発見された品種です。農園主の名である“藤野“という名前から、北光という品種名になりました。また、発見された農園が水源地の水門近くであったことから、別名、水門”と呼ばれています。

 

この品種の外観は、お尻の部分がやや尖ったハート形をしているのが特徴です。

色づきが、黄色地から赤色になります。重さは約7g

実は柔らかめ。糖度は高めですが、酸味もあり、濃厚な味わいです。

味のバランスが良いので、ジャムにしても美味しく頂けます。

収穫時期は7月上旬~中旬。

 

・紅てまり(べにてまり)

 

佐藤錦とビックを掛け合わせた品種。

登録は2000年に入ってからで、比較的新しい品種です。

甘みと酸味のバランスがとても良く、果汁もたっぷりです。実は硬め。

かなり大粒で形もきれいなことから、デザートのトッピングとしても良く使われます。

最近では収穫時期が遅めであることや、日持ちもするため、お中元などにも人気です。

収穫時期は7月上旬~中旬。

 

・ナポレオン

 

佐藤錦の親ともいうべき品種で、ナポレオンの存在がサクランボというフルーツを

世に広めたと言っても過言ではありません。

ナポレオンは17世紀頃からヨーロッパでも栽培されていたと言われ、

長い歴史をもつ品種です。

果皮は光沢のある深めの紅色で、完熟する頃に全体的に色濃くなります。

実はやや硬めですが、ジューシーさがあります。

甘みは強いのですが、酸味もしっかり感じられます。

生食はもちろん、シロップ漬けにも適しています。

収穫時期は6月下旬~7月上旬。

 

栄養素                    

さくらんぼ

サクランボの主成分は、ブドウ糖です。

この糖質は体内吸収が速いので、エネルギー補給には抜群の果物です。

また、小さい粒ながらも美味しいだけでなく、身体のバランスを整えてくれる栄養素がたっぷり含まれています。

ミネラルとビタミンが豊富のサクランボ。どんな効果があるかご紹介します。

 

  • 鉄分やカロチン

ミネラルの中でも、鉄分は貧血防止に、カロチンは、風邪予防や回復に効果のある成分です。

 

  • カリウム

カリウムは体内の塩分(ナトリウム)を体外へ排出する働きをするため、

高血圧予防に最適です。また、利尿作用やむくみ解消の効果も期待できます。

 

  • ソルビトール

ソルビトールは歯磨き粉の成分にも使われており、虫歯予防にひと役買っています。また、アメリカンチェリージュースには、プラーク(歯垢)形成を妨げ、虫歯を防ぐ成分が含まれているというアメリカでの研究が報告されています。

 

  • ポリフェノール(アントシアニンやフラボノイド等)

抗酸化作用が強いことから、動脈硬化などの生活習慣病予防に効果があります。

 

その他、サクランボの栄養素は疲労回復や食欲増進などに効果があり、

元気で健康な体作りに大きな役割を果たしてくれます。

サクランボの小さな一粒の力は、偉大ですね。

 

日持ち期間と保存方法             

さくらんぼ

収穫したその日に食べるのが理想的ですが、23日以内までが一番美味しく頂けます。

その際は、食べる直前に冷やすと良いです。

段々と味が落ちていきますので、それ以降保存する場合は、出来るだけ涼しい所がベストです。

冷蔵庫に入れるのが一般的と考えられますが、低温度によって味を損ねてしまうので、新聞紙などで包んでおくと良いでしょう。

いづれにしてもなるべく早めに食べるのがおすすめです。

 

サクランボは、生そのものを食べるおのがベストです。

しかしそれ以外にも、ケーキやタルトなどのデザートとして頂くのもまた格別です。

 

ジャムやコンポート等に加工すれば、長期保存できてサクランボの味を別の形で

堪能できます。

また、サクランボ酒やサクランボ酢のドリンクタイプに加工保存するのも人気です。

疲労回復や健康促進にも効果を発揮します。

 

選び方                    

さくらんぼ

美味しいサクランボを見分けるには、以下のポイントを基準にしてみてはいかがでしょうか。

 

  1. 美味しく熟しているかを判断するためには?

・紅くしっかりと色づきツヤのあるもの

・青みが残っていたら避ける(サクランボは追熟しないため)

・茶色などに変色しているものは避ける。(中も傷ついている可能性がある)

 

  1. 鮮度を判断するためには?

・枝が緑色でより濃いもの

・茶色っぽい枝は選ばない

 

  1. より甘くておいしいものを判断するには?

・大粒を選ぶ(サクランボは大粒の方が値段も張りますので、同じ値段ならば、

大きい粒を選んだほうが、より美味しいです!)

 

種の取り方                  

さくらんぼ 種のとり方

サクランボは、他の果物のように切る必要もなく、皮をむく必要もありません。

そのまま一口で食べられる、小さくてかわいいフルーツです。

 

しかし、サクランボには種が入っていますので、実を食べつつ口の中で種だけをうまく取り出せるかがポイントです。

これが苦手な方や、特に小さいお子様などは、種をうまく出せず飲み込んでしまうこともあるでしょう。(実の大きさの割には、種が大きいので注意が必要です。)

 

そんな方のために、予め種を取って食べる方法を2つご紹介します。

 

  • 割り箸で取り出す

① 軸をとる

② 軸のついていた部分に割り箸1本を通す

③ 通すとともに種を押し出す

 

  • ストローで取り出す

① 軸をとる

② 先端を斜めに切ったストローを、軸を除いた部分に通す

③ 通したストローを一周回す

 

この方法であれば、手軽に種をきれいに取り除けます。

ケーキなどのお菓子の飾りに必要な時も、きれいなままのサクランボを使うことが

できますね。

 

コメントを残す